自宅で夫婦でできる開業資金300万円以下のフランチャイズまとめ

自宅で夫婦でできる開業資金300万円以下のフランチャイズまとめ


自宅をオフィスにすれば、開業コストが下げられるというメリットがあります。とはいえ、ビジネスのスタート当初は、売上が出にくいですから、可能な限りお金をかけないようにしたいものです。フランチャイズは、ビジネス初心者でも売り上げを上げていくためのサポートや商材が用意されているものも少なくありません。ここでは、夫婦で売り上げを上げていける可能性が高いフランチャイズを厳選してご紹介します。

ふすま張り替え金沢屋(自己資金150万円~)

今の時代にふすまの張り替え? とはいうものの、マンションでも和室が再び作られる時代。また、地方では、なんだかんだで和室がある家が圧倒的に多いのが現状です。業界の高齢化から、仕事に携わる方が減っているうえに、ニーズが確実にあるのが魅力の一つ。畳職人ほどハードルが高くなく、重たい商材ではないので、ご夫婦でも作業が可能。

また、仕入れの商材がさほど高くないので、運営を行うのもリスクが低いのも参入の魅力。

クラッシックなデザインだけでなく、最近のデザインでふすまを張る方も増えているので、女性の感性が問われる仕事でもあります。

ふすま張り替え 金沢屋
http://fc.d-kanazawaya.com/

芙蓉フード株式会社 大阪名物 いか焼き「みなせん」(自己資金150万円~)

フードビジネスは初期投資がかかるし、リスクが高い。そう思うなら、ワゴンスタイルで販売できるこのビジネスは注目です。軽ワゴン1台に、商材を積み込んで、許可を得た場所で「やきいか」を販売するビジネス。調理経験も、家庭で料理を作った経験があるくらいで十分。商材のイカも仕入れルートを確保してもらっているので、安定した仕入れで売り上げだけを上げることを意識できるのが魅力。

芙蓉フーズ株式会社 移動販売 大阪名物いか焼き「みなせん」
https://www.fc-hikaku.net/minasen_fc/1654

まとめ

300万円以内の開業資金で参加できるフランチャイズはまだまだあります。特に開業資金が少ないフランチャイズほど、商材が安価であったり、ランニングコストが低いというものがおおいです。ご夫婦でよく話し合われて、一つの仕事に取り組んでいけるようなら、参加してみるのも悪くないと思います。