カテゴリー別アーカイブ: リストラ・社内失業・追出部屋対策

リストラ・社内失業・追い出し部屋の対象社員を選ぶ5つの基準

リストラ・社内失業・追い出し部屋の対象社員を選ぶ5つの基準

今回は、企業の上層部が、リストラ、社内失業、追出部屋の対象として考える基準を分析します。もし、いま、あなたの勤務先でリストラの話題があり、大量リストラの可能性が高くなっているのでしたら、この基準をご覧いただき、今後の対策にお役立てください。

リストラ、社内失業、追い出し部屋の対象社員になりやすい人

これらの対象になる社員には、ただ単に仕事ができないということだけではなく、ある傾向があります。その基準は下記の5つです。

(1)人脈のない管理職
(2)業績・能力の低い人材
(3)スキルアップしない(怠っている)人材
(4)社内で人望がない人材
(5)素直で優しく責任感が強い人材(なんでも言いやすい人材)

それではそれぞれの基準について詳しくご説明しましょう。

リストラの基準1「給料が高い管理職などで、上や部下からの評価がイマイチ、社内や取引先などの人脈がない」

給料が高い人をリストラするのは、リストラする人数をおさえるために、最も有効な手段です。特に、管理職は個人としても業績が分かりにくいため、周りからの評判が、そのままその人の評価や査定につながります。そのため、給料が高く、評価がイマイチな管理職は真っ先にターゲットにされやすい傾向があります。
 

リストラの基準2「ノルマを達成していない、業績を上げていない、能力が低い」

ノルマを達成していない、業績をあげていない人は、それがそのままリストラの理由にもなるので、本人を納得させるのにもちょうどいい条件です。

また、「能力が低い」と判断される基準の1つとして、言われた仕事をやる「だけ」かどうか?があります。言われたことをやるだけの社員は、経営者から見たとき、「言ったことしかしない社員」となります。

言ったことしかしない社員ならば、その社員には誰に頼んでも同じ結果になる仕事しか与えません。そうなると、いてもいなくてもいいという判断につながり、ターゲットにされる可能性があります。

そのため、言われたことをやるだけでなく、それ以上の何かを出すのも回避策の1つで、それが正社員の役目でもあります。

リストラの基準3「仕事でのスキルアップを怠っている」

仕事でのスキルアップを怠っている人は、将来の成長の可能性が少ないです。仕事で会社に貢献をできるかというのが、評価の基準になるため、会社が奨励している資格の取得など、得意分野を伸ばす、苦手分野をなくすなど、周りの目に見える頑張りができれば、対象からは自然に外れていきます。

リストラの基準4「会社で人望がない」

周りの評価は、そのまま人事の評価につながります。人望がないだけではなく、社内にあまり知り合いがいない人も対象になりやすいです。リストラ対象者を選ぶ際には、人事の人だけではなく、いろいろな部署の人を入れて、話し合いをする場合もあるので、全く名前を聞いたことがない、それほど関わりがないという人には、思い入れも少ないため、リストラ対象に含めることへの抵抗は少なくなります。

リストラの基準5「素直、優しい、責任感が強い」

リストラの対象者として、リストラすることを告げた時に、抵抗されずに受け入れてもらうことが重要になります。素直な人は、リストラの理由(業績が上がっていないなど)について、すぐに納得してしまいますし、優しい人は、周りの人のことを考えて、自分が辞めないと、周りに迷惑をかけてしまう、自分の代わりに、他の人が辞めないといけないと考えてしまいます。

同じように、責任感が強い人も、その人個人やその人が配属されている部署がノルマを達成していないことに、責任感を感じますし、人によっては部下がリストラにあうよりは自分が…と考えるため、その部分を狙い撃ちにされます。社内失業や追い出し部屋に追い込まれると、自分のことを攻め、自分から辞めると言い出しそうな人を上層部は対象者として考えます。

5つのリストラ基準を分析

5つの基準に関しては、大きく2つに分けられます。その2つに関して、分析をしていきます。

直接コストカット・業績につながる基準

 
基準の1、2、3に関しては、直接コストと業績につながる基準です。給料や業績は、理由として、リストラされる側を納得させやすいですし、リストラする側も給料や業績について話すことで、強気に出られます。対策としては、業績が上がっていないことに関しては、それに対して、現在努力をしているので、今後必ず業績につながるという期待値を見せる必要があります。無理にアピールするのもどうかと思う人もいるかもしれませんが、周りの人に分かりやすくやる気を見せる必要はあります。

言われたことだけをする社員ではなく、それ以上の何かを出してみましょう。そんためのスキルアップは怠ってはいけません。

人柄に関する基準

基準の4、5に関しては、人柄に関する基準です。こちらにはリストラ対象者を納得させて、揉め事がないようにしたいという人事側の思惑が入っています。まず、対象者をあげる際に、後ろめたい気持ちを持たないで済むような人は、人事側も機械的にコストカットを考えることができますし、リストラを切り出しやすい人、社内失業、追出部屋に追い込まれたときに、自分から辞めると言い出してくれそうな人は会社にとって都合のいい存在です。

大企業などでは、なかなか他の部署の人の顔は見えづらいですが、他の部署の人とも話をする機会を作り、仕事上でもいい人だけで終わらないように、適度に厳しい部分やドライな部分を見せるのも効果的です。

まとめ

業績・人柄という2つの視点から分析しましたが、共通して言えることは、「スキルアップ」ではないでしょうか。業績を上げるにはスキルアップは必要ですし、人柄を見せるには、「スキルアップという努力」を周りに見せなければなりません。

言われたこと以上の仕事をして、会社の期待に応える人材になれば、リストラの5つの基準にはまることはなくなるのではないでしょうか?

この記事は、本ブログに、ライターより寄稿いただいた内容です。