カテゴリー別アーカイブ: ブラック企業

ブラック企業とホワイト企業の特徴 19の違い

ブラック企業とホワイト企業の特徴「19の違い」をまとめてみた

この記事は、本ブログに、ライターより寄稿いただいた内容です。

記事概要

ブラック企業が話題になる一方で、ホワイト企業と呼ばれる企業も存在します。ホワイト企業は離職率が低い、仕事の環境や福利厚生が整っているなどと言われますが、ブラック企業とホワイト企業の間の違いは大きく分けて、3つあります。

1つ目はきちんと労働規則など法律をきちんと守っているか、2つ目は従業員を大切にして、働きやすい環境になっているか、3つ目は従業員のほうも会社を大切に思っているかの3点です。

それでは、この3点を中心に、ブラック企業とホワイト企業の違いについて、具体的に特徴をあげていきましょう。なお、ここで挙げている19の違いは、インターネットで検索し調査した結果をまとめたものです。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「離職に関する3つの違い」

離職に関する違い「離職率」
ブラック企業は離職率が高く、ホワイト企業は離職率が低い点です。特に、就業3年以内の離職率が高いのがブラック企業と判断されることが多いです。

離職に関する違い「勤続年数・離職の仕方」
会社が嫌になり、ある日突然来なくなってしまう社員がいるのがブラック企業ですが、ホワイト企業はその会社で長く働き続けたいと考える社員が多いです。

離職に関する違い「離職理由」
離職理由が、仕事に関するものであることが多いのがブラック企業で、家族のことなど仕事以外のことであることが多いのがホワイト企業です。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「残業に関する2つの違い」

残業に関する違い「残業に対する意識」
残業が当たり前、慢性化しているのが、ブラック企業です。一方で、ホワイト企業はノー残業デーを設けるなど、残業を減らそうと努力している、または残業自体ないのが特徴です。

残業に関する違い「手当て」

残業代に関しては、サービス残業が当たり前で、会社によっては日が変わらないと帰れないようなこともあるのがブラック企業で、ホワイト企業では、残業したらしっかりと残業手当がつきます。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「昼休み・休憩に関する2つの違い」

昼休み・休憩に関する違い「休憩に対する意識」
ブラック企業では、昼休みすらきちんと取らせてもらえないことがあります。一方で、忙しくてもしっかり昼休みを取るように言われるのがホワイト企業で、労働法に従い、8時間を超える業務だったら、途中で1時間以上の休憩、6時間を超える業務だったら、45分以上の休憩をしっかり取らされます。

昼休み・休憩に関する違い「出勤時間」
時間外勤務の早朝出勤をさせられることがあるのがブラック企業で、早朝出勤に関しても手当がつくことはありません。ホワイト企業は定時出勤で十分で、人によってはちょっと早めに来て、仕事の準備を整えている社員がいる程度です。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「業務内容の3つの違い」

業務内容に関する違い「ノルマ」
こなせないノルマを与えられるのがブラック企業で、ホワイト企業では、達成可能なノルマが課せられるか、またはノルマがない(個々の責任やチームで動く)こともあります。

業務内容に関する違い「商品力」
扱っている商品・サービスが取引先やお客さんにあまり喜ばれない、人をだますようなものであるのがブラック企業で、取引先やお客さんに喜ばれるのがホワイト企業です。取引先やお客さんに喜ばれることは、仕事のやりがいにもつながります。

業務内容に関する違い「業務効率」
ブラック企業は、業務の流れが効率的ではなく、ムダな会議も多く、上司からの説教に時間を費やすということがあります。一方、ホワイト企業では、協力して仕事を効率的にこなそうと努力しています。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「研修に関する違い」

研修がないので、仕事のやり方が全く分からない、または仕事に結びつかないような洗脳的な研修があるのがブラック企業で、仕事に結びつくような研修があるのがホワイト企業です。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「休暇に関する2つの違い」

休暇に関する違い「有給休暇」
有休どころか代休すら取れないのがブラック企業で、ホワイト企業では、代休はもちろん、有休も消化するように言われます。忙しくて、有休や代休が取れない場合には、買取り制度がある企業もあります。

休暇に関する違い「体調不良」
体調が悪くても休めないのがブラック企業、体調が悪そうだったら、早めに帰るように言われるのがホワイト企業です。ブラック企業ではインフルエンザでも休めず、結果として、事務所でインフルエンザが蔓延するようなこともあります。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「福利厚生に関する2つの違い」

福利厚生に関する違い「福利厚生の有無」
ブラック企業の多くは福利厚生がなく、ホワイト企業の多くは福利厚生が整っています。

福利厚生に関する違い「育児休暇」
育児休暇が取れない、もともと制度がないのがブラック企業で、ホワイト企業では育児休暇が取れ、職場復帰後も仕事に戻りやすい雰囲気が出来ていることが多いです。ブラック企業で働く女性は、結婚・出産を機に、その会社を辞めようとする人も多いです。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「評価・査定に関する違い」

評価、査定は社員のやる気にも関わりますが、ブラック企業ではノルマを達成したり、成績をあげたりしても、評価されませんが、ホワイト企業では、頑張っただけ評価され、査定もよくなります。

ブラック企業とホワイト企業の特徴「職場環境・雰囲気に関する3つの違い」

職場環境・雰囲気に関する違い「ポジティブ・ネガティブ」
みんなで目標を達成しよう、業績をあげよう、職場をよくしようと前向きな雰囲気があることで、社員の士気は高まりますが、ブラック企業では、職場に暗くどんよりとした空気が漂っていますが、ホワイト企業では、明るくはつらつとした雰囲気が感じられます。

職場環境・雰囲気に関する違い「声のボリューム」
怒鳴り声が聞こえる、社訓を叫ばされるなど、仕事の邪魔になるような大声が響き渡るのがブラック企業です。一方ホワイト企業では、楽しそうな声や明るい声が聞こえてきます。仕事が楽しめるような空気に包まれていると、自然にやる気も出てくるものです。

職場環境・雰囲気に関する違い「問題解決の仕方」
個人を追い込む、吊し上げるような扱いが多いのがブラック企業ですが、ホワイト企業では、誰かに問題があるようだったら、周りも一緒になって解決しようとします。

ブラック企業、ホワイト企業の定義は多岐に渡り、これらはあくまでも一例ですが、比較的違いが出やすいところを中心にあげました。従業員を大切にする環境が整っているホワイト企業に勤められるようにしたいものです。

「残業、研修、休暇、給料」の4つの切り口からわかるブラック企業の実態

「残業、研修、休暇、給料」の4つの切り口からわかるブラック企業の実態

この記事は、本ブログに、ライターより寄稿いただいた内容です。

記事概要

ブラック企業の実態を見ていくと、ある傾向があるのが明確になります。今回は、インターネットで調査した実際の事例をあげながら、どのような傾向があるのか、説明をしていきます。

残業について

ブラック企業の傾向として、残業が慢性化している点があげられます。特に残業をしても、勤務報告には定時退社と記入させられ、サービス残業になることが多いです。さらに2つの傾向があり、1つは終わらないような量の仕事を与えられ、残業になる、もう1つは、仕事が終わっていても、残業しないのはおかしいという雰囲気が事務所に漂っている結果、帰るに帰れず、残業になってしまうケースです。

具体的に事例をあげていくと、Aさんの職場は残業が当たり前で、日が変わらないと帰れないような雰囲気が事務所に蔓延していました。Aさんは数日間咳がなかなか止まらず、職場の人にも迷惑をかけることから、その日は夜10時に帰ろうと、上司に言いました。

すると、上司からは「定時は24時なんだから、今日は早退だね。」と言われ、帰るに帰れなくなってしまいました。その後、Aさんはどんどん体調が悪化し、結局ぜんそくになってしまったのです。

このように、残業するのが当然、体調が悪くても定時で帰れないというのはよくあることのようです。毎日遅くまで残業をしていると、睡眠時間もあまり取れないため、疲れが取れず、1日中ぼーっとしているような状態になってしまいます。

残業が当たり前の雰囲気になっている、サービス残業が慢性化している、というのはブラック企業の傾向をよく示しているでしょう。

研修について

明らかに研修の目的を逸した研修を強制しているブラック企業も存在します。知らない人と名刺を100枚交換してくる、また飛び込み営業で、回りきれないほどの飛込訪問をさせられるという度胸や忍耐力をつける研修があるようです。

それだけではなく、研修期間中、こなせないぐらいの量の課題を与えられ、ほとんど睡眠時間も取れずに、精神的に追い込まれるような研修もあるようです。ひたすら精神論を唱えさせられる、閉鎖された空間で、その企業のよさや業務方針について、賛美し続ける、または自分を否定し続ける洗脳に近い研修さえも存在します。

ある研修の事例をあげると、班を作り、課題を与え、その課題について、班同士で競い合わせる研修でした。しかし、班内での協力を目的としているのではなく、成績が悪かった班には罰を与え、その原因について発表させるとしたことから、班内で摩擦が生じました。ある人を他の班の人達がいじめたり吊るし上げをしたりして、その人の人格を全否定しました。最終的に、全否定された人は、精神的に追い込まれ、それ以外の人も自分も失敗したら同じようになるという恐怖が植えつけられるという結果につながったのです。

研修の内容がその後の仕事や人間関係に生かせないような研修では、その目的が見いだせず、ひたすら耐えることが目的となってしまっています。

このように、ブラック企業の研修の特徴は、度を超えた課題やノルマ、洗脳などが傾向としてあるようです。

休暇について

休暇に関しても、残業と同じように、ブラック企業の実態が分かる事例が多いです。休日出勤をしても、残業代がつかない、休日出勤が慢性化していることや、有休はもちろん代休さえ取れないということがブラック企業ではよくあることのようです。

Bさんが勤めている会社では、有休どころか代休を取ることすら、許されていませんでした。あるとき、祖父が死に、お葬式に出たいと上司に相談したところ、「おじいちゃんなんて、家族のうちに入らないでしょ。」と言われ、却下されてしまいました。

ブラック企業の傾向として、休日出勤は当然、代休や当然の権利の休暇が取れないということがあげられます。

給料について

給料の額についても、ブラック企業では多くの問題があります。次の事例は、ブラック企業というよりは、ブラック上司にあたるかもしれませんが、ご紹介します。

Cさんは、営業のノルマも確実にこなし、勤務態度もまじめで、周りの社員から評判も上々でした。ボーナスの査定に関しては、部長、課長、係長の評価が必要になるのですが、部長、課長は、営業成績も優秀、仕事も頑張っているとCさんの評価も上々でしたが、Cさんのことが気に入らない係長は、勤務態度が悪い、周りからの信頼がないなど、明らかにマイナスの評価を書き連ね、その結果、Cさんボーナスはほとんどもらえないという結果になってしまいました。

また別の事例ですが、達成不可能なノルマが課せられて、その結果、ノルマが達成できないという理由から、給料を下げられてしまった人もいるようです。

特に、給料の一部が歩合給の場合には、このような事例が多く存在します。会社側も給料をおさえるのに必死で、サービス残業を強要し、休日出勤をしても、残業代がつかないという会社が増えています。

給料をおさえるための手段を取っている、長年働いても給料が上がらないというのはブラック企業の大きな特徴です。

まとめ

このようにブラック企業は、「残業、研修、休暇、給料」の4つの切り口で、必ず何かしらの問題・トラブルを抱えています。売上優先・利益優先のために社員を駒のように扱い、使えないとわかるとすぐに捨てる、、そんな実態が見受けられます。

あなたのももしこの記事で例にあげたような仕打ちを受けているなら、すぐにでも対処を検討し、問題を解決すべきです。

ブラック企業を見分けるための5つのチェックリスト

ブラック企業を見分けるための5つのチェックリスト

今回の記事では、ブラック企業を見分けるためのチェックリストをご紹介します。5つの分野に分けて、チェックリストをご紹介しますので、これを使って、ブラック企業かどうかを判断するための材料にしていただければと思います。

ブラック企業を見分けるための5つのチェックリスト

ブラック企業という言葉の定義に関しては以前と比べて、かなり幅が出てきています。これについては筆者が、新聞、テレビ、雑誌、ネット等で出現する「ブラック企業」という言葉とその使われ方、意味合い、前後の文脈などを分析した単なる私見に過ぎませんが、この言葉が使われだした当初の数年前に比べて、その言葉の持つイメージに幅が出てきたことに、後述の知恵蔵を持ち出すまでもなく異論は出ないと思います。

しかし、定義の幅が広がっているとはいえ、ブラック企業かどうかの判断にはいくつかの基準があり、自分が勤めている会社がブラック企業ではないか?と疑念が頭をもたげたときに、その基準と照らし合わせると、非常に役に立ちます(勿論疑念を晴らすにも)。

ここでは、そのブラック企業を見分けるためのチェックリストを紹介します。これを使って、ブラック企業かどうかを判断するための材料にしていただければと思います。5つの分野に分けて、リストを設けていますので、どの分野でブラック度が高いのか、自分なりに判断していただければと思います。

ブラック企業の定義

初めに、ブラック企業について、知恵蔵2014には、次のような記述があります。

労働者を酷使・選別し、使い捨てにする企業。「ブラック会社」ともいう。度を超えた長時間労働やノルマを課し、耐え抜いた者だけを引き上げ、落伍者に対しては、業務とは無関係な研修やパワハラ、セクハラなどで肉体・精神を追い詰め、戦略的に「自主退職」へと追い込む。金融危機の影響で就職難が深刻化した2000年代後半から、こうした悪辣な企業を指すようになった。その明確な定義はないものの、以上のような「合法か否か」の境目をはるかに超えた「劣悪な労働」「峻烈な選別」「非情な使い捨て」などが特徴で、企業規模や知名度とは関係なく、入社3年内の離職率の高さや社員の年齢構成(30~40代が極端に少ない等)が1つの指標とされる。なお、かつては反社会的企業(暴力団系やそのフロント企業など)を指す言葉だった。

もともとは、長時間労働やサービス残業、実際には勤務することが不可能になるような転勤命令がある会社について言っていましたが、今では以上のように、内容も多岐に渡っています。

それではチェックリストをご紹介しましょう。

分野1:経営母体や業務内容について

  • 経営母体が暴力団やその関係者などである。
  • 経営者・上層部に権限だけが集まり、負うべき責任は社員に押しつける。
  • 扱っている商品やサービスが反社会的なもの、人をだますもの、ネズミ講である。
  • 無理なノルマを課せられる。
  • ノルマを達成できない場合は、その商品やサービスなどを自腹で負担しないといけない。
  • 家族、親類縁者、知り合いなどに自社製品を購入するように強要しないといけない。
  • 社員の定着率が悪く、それを見越した大量採用がよく行われる。

分野2:就業時間など勤務条件

  • 残業が多い(残業するのが当然である)。
  • サービス残業をさせられる(残業代が出ない)。
  • 実際に働いた時間ではなく、決められた時間(定時出社・退社)を勤務表に書かされる。
  • 残業が深夜にまで及ぶ(時には日が変わるまで)。
  • 早朝出勤をさせられる(時間外手当は出ない)。
  • 昼休みが取れない。
  • 代休(有給)が取れない。
  • 体調不良や家族の結婚式やお葬式でも休めない。
  • 給料が安い。
  • 採用されたときに提示された条件と実際の勤務形態が大きく違う。
  • 福利厚生がない。
  • 保険、年金などの制度が整っていない。
  • 育児休暇を取るなら、仕事を辞めないといけない。

分野3:上司や同僚などに関して

  • 社長や上司など上の人の言うことが絶対であり、異論・反論などが言えない状況である。
  • 上司がどなり散らす(吊るし上げのようにみんなの前で怒られる)。
  • 同僚がお互いの悪口を言っている。
  • 同僚が足を引っ張り合っている。
  • 社員への嫌がらせや脅しがある。
  • 職場にいじめが存在する。
  • 職場に無視されている社員がいる。
  • うつ病になった社員や過労死をした社員がいる。

分野4:その他

  • 離職率が高い(特に、入社3年以内)。
  • 辞めると言っても、辞めさせてくれない。
  • 辞めたくなくても、辞めるように仕組まれる。

分野5:外側から判断する基準

  • 就職情報誌や転職サイトで、いつでも社員を募集している。
  • インターネットで検索すると、働いている社員からの不満がヒットする。
  • 夜遅くまで事務所に明かりがついていて、外からでも残業しているのが分かる。

以前は今ほどうつ病が話題にのぼることはありませんでした。仕事が大変でも終身雇用、年功賃金が保証されるという環境の中で、大過なく過ごせば、何とか定年まで仕事が続けられるという気持ちがあったのかもしれません。

しかし、今ではいつ辞めさせられるか分からない、いつ会社がつぶれるか分からないという不安の中で働かないといけない人が増えています。また景気の悪化から、従業員の賃金の削減やサービス残業の強要がないと経営が成り立たない会社、社員を使い捨てにして生き残っていく会社が増えていったのも事実です。

チェックリストまとめ

今回は5つの分野に分けて、チェックリストを作りました。何割当てはまったらブラック企業ということではないですし、1つのポイントだけでも十分にブラック企業に当てはまる場合もあります。まず、自分が勤めている会社がブラック企業かどうか、客観的に判断するのに、このチェックリストを使ってもらえればいいでしょう。

特に、以前に会社でうつ病になった人や過労死をした人が出ていたら、要注意です。その人がどのような環境で、そのような状況に追い込まれたか、そして、途中で辞められなかった理由は何か、周りに聞いて調べてみると、その会社の大きな問題点が明確になります。

結論

以上述べてきたこととは矛盾することは百も承知で乱暴に結論付けると、ブラック企業とは、経営者がある意図をもって従業員に過度な負担をしいる企業であるといえます。

ここで云う「ある意図」の最大にして唯一と云って良いものは、「使い捨て」ではないでしょうか。つまり、この「意図」の有る無しが分水嶺となり、ブラック企業とそれ以外の企業を分けており、それは外形的に分かるはずもありません(いかにもな人もいらっしゃいますが)。

ならばチェックリストなど役に立つのかと云った自己否定の念に苛まれつつ更に迷子になるようなことを付け加えると、「経営者側と従業員側では見解は異なる」ということです。「使い捨て」という意図は肯定しませんが、意図せずに外形的に使い捨てのような状況になっている場合もあり得ます。その場合はおそらく(全てと云いませんが)従業員の側に問題があるのではないでしょうか。「親の心子知らず」に限らず、昔の人の言葉には真理が多く含まれています。

わたしの考える「ブラック企業」以外の「ブラック?企業」に働くこの記事を読まれている貴方、短絡的な行動を起こす前に、今一度考えることはありませんか?自分の置かれた状況を俯瞰してみるとまた違ったものが見えてきますよ、きっと。